2018年01月09日

船橋新京成バス 2706 習志野200か・678

新京成船橋2706.1.jpg
船橋新京成バス 2706 ニッサンディーゼル / 西日本車体工業 96MC RMノンステップ 習志野200か・678  津田沼駅北口にて。
posted by Yoshitaka at 23:04| Comment(2) | 新京成バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新京成のRMは既に数台(排ガス記号KK〜PBまで)が岩手県北バスに移籍してきています。新京成の中型は窓下のモールや中扉外の戸挟み防止センサーなど車両仕様の標準化が加速した代の割りには特徴があるので識別できますね(一部車両は新京成時代にバンパーに設置されたLEDのデイランプも残置されています)。この新短期規制車(PB-)は、エンジンが日野製のJ07Eに変更されましたが初期の低PM車ゆえにエンジントラブルが多く事業者によっては嫌われましたが、昔から日野と日産ディーゼルの車輌を運用してきた県北バスにとっては特別な車両という訳ではないようです。

中型の中古車は全国的にも品薄の様で最近の県北バスの中型移籍車は新京成、立川、臨港、淡路と移籍元がバラエティに富んでいます。惜しむらくは配置が県北(八幡平、伊保内)や沿岸(宮古、重茂)など地方部であり撮影が難しいという点でしょうか?
(宮古エリアは106急行のアストロメガ乗車とセットにすると楽しめるエリアだと思いますが)
Posted by ERGA280 at 2020年08月21日 11:37
☆ERGA280さん

そうですね。新京成は意外にも(?)中型車を中心に淘汰が結構早いので県北バスはそこに目を付けたんでしょうか。確かに元々日野&UD好きな会社なので、西工ボディが嫌じゃなければフィットしますよね。

自分は岩手にも長期間住んでたので九戸(伊保内)とかにも実は土地勘があるのです。一番行きづらいのが重茂と小本ですね・・・。震災後、まだ行ってませんから。

津田沼駅は一時期仕事で行きまくってましたが、今後は当分行く予定がありません・・・。
Posted by Yoshitaka at 2020年08月23日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。